勉強

幼稚園教諭への道を大学入学で切り開こう!必要なスキルを磨ける

重要な役割

勉学

50人以上の大人数の従業員を抱える会社などでは、衛生管理者と呼ばれる資格を持つ人を必ず置いて置かなければならないという決まりがあります。衛生管理者とは、会社で従業員がケガなどをしてしまった場合や、就業中に何か自然災害などが発生して危険な状態になった場合などに、従業員の身の安全を守る役割の人です。会社の就業人数によって、この資格を持っている人の設置人数は異なります。就業人数が50人から200人までなら1名以上、200人以上から500人までなら2名以上、500人以上から1000人までなら3名以上の資格保有者を設置するのが、義務付けられているのです。衛生管理者の主な役割は、従業員の安全を脅かすものの除去、従業員に対して万が一に備えての安全確保の教育、会社での健康診断の実施などといった内容のものになります。衛生管理者は、会社に勤める従業員の安全を管理するとても重要な存在なのです。

衛生管理者の資格を取得するには、試験に合格しなければなりません。衛生管理者の資格試験には、第一種と第二種という2つの種類があります。第一種は、あらゆる業務において資格が適応されるものになります。一方で、第二種は特定に業務のみに適応できる資格となっています。第二種免許を取得することで活用できる業務は、情報通信業や金融業、保険業、卸売、小売業などといった種類になります。この業種でのみ衛生管理者としての資格を活用するこができるのです。衛生管理者の資格試験には、受験資格が存在します。対象となるのは、大学や高等専門学校の卒業していて労働衛生における経験が1年以上ある人、また高卒であれば労働衛生の経験が3年以上の人になります。これらの条件をクリアしている人であれば、資格試験を受験することができるようになっています。衛生管理者は経験が非常に重視される世界なので、試験を受けたいと考えるならいろいろな経験を積んでいきましょう。